アイプチ利用者が語る目のトラブルって?失敗談

二重まぶた女子高生の間で人気のアイプチを試してみる

高校のころに大人気だった「アイプチ」それはそれは

たくさんのお友達が利用していたし、貸し借りもしていました。

自力で二重を作るといったら「アイプチ」

これで、どれだけの高校生が救われたか・・と思います。

ただ、私が思うに

すべての人が「アイプチ」を使わない方がいいってことです。

私は結局、高校生の時に視力が落ちちゃいました‥

どんな人が合うのか知っていますか?

結構強めの接着剤なので、もちろんデメリットもあります。

私が失敗したと思うアイプチのデメリット。これを知らなきゃ損!と思う内容です。

アイプチのデメリットとは?

アイプチのデメリットについても知っておいた方がいいと思っています。

1.まぶたの皮膚がかぶれる

これって結構多いんです。

まぶたの皮膚は薄いんですよ。接着剤の成分でまぶたがはれぼったくなる人もたくさんいます。

アレルギーやアトピーもちはオススメしません。

2.まぶたがかゆくなる

かゆみに関しても訴える人が多かったですね。

接着成分が合わないのか、目に入るときにかゆくなるのか・・

かゆくなると、目がはれぼったくなって、赤くなっちゃいます。

3.炎症がおこりってくすむ

何度も何度も使い続けるうちに、炎症が起こってしまって、どうにもならなくなります。

私はこれで「自分には合わないなぁ」って思いました。

もちろんすべての人がそうなるわけじゃないのですが、調べてみると意外とまぶたが腫れるといった口コミが多いです。

皮膚もつよくって、接着剤でも炎症を起こさない人がうらやましいです。

ちゃんと炎症をおこさずにきれいになれた人もいるから

私はちょっと残念でした。

そして、購入したので、やめなかったのが一番いけないと思います。

目がいつも充血し、ドライアイになってしまって、最終的には視力も下がってしまいました。

まぁすべての人にいいっていう万能アイプチはないと思うから、仕方ないとは思います。

アイプチを使用しない方がいい人

  1. 皮膚が弱い人(アレルギー・アトピーもちなど)
  2. 接着剤、目を酷使する仕事の人
  3. ドライアイが気になる人

自力で二重にしようと頑張ったのですが、目が悪くなっては結局あきらめ。

視力は20年も回復せず、自分に合った方法で二重になるのが一番だと思った瞬間です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする